読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃなのゲームブック

ゲームブック作家「ちゃな」のブログです。Amazonキンドルで「ネイキッドウォリアー」等販売中!

ネイキッドチェイサー制作裏話 その2

どうも、ちゃなです。

 

ちゃなのゲームブック第3弾にしてネイキッドシリーズ三部作完結編「ネイキッドチェイサー」。本作の構想時点では、ファジーなアイテム管理をしてみたいなあとぼんやり思い描いていただけでした。

ストーリー部分は、アビスとの戦いであるということ以外はほぼ白紙でした。

 

ネイキッドチェイサー (ちゃなのゲームブック)

ネイキッドチェイサー (ちゃなのゲームブック)

 

 

ただし、シリーズものである以上、いくつか守らねばならないお約束があります。

・主人公が裸の状態で始まること

・ストリップイベントがあること

ひどいお約束ですね。。。

 

裸で始まるパターンはいくつか考えられます。自主的に服を脱ぐ、強制的に脱がされる、そしてもともと裸。前二者は既に使用済みですので、今回はベタですがテレポートの魔法を使うので肉体以外は運べないという設定にしました。

 

ストリップイベントは、主人公が作中で自主的に、あるいは強要されて裸になるという展開です。まあ、ネイキッドシリーズですからね。。。今作では、アルバランに武装解除させられる展開がそれに当たります。

加えて、思いつきで混浴イベントも入れてしまいました。この展開はちゃな的にはだいぶ気に入っています。なので、情報も手に入り、先の展開が有利になるように仕立てています。

 

それと、シリーズ完結作ということで、前2作で出てきたキャラ達はなるべくフル出演させてあげたいと思いました。

とはいっても数えるほどしかいないのですが。サー・デレク、ミザール公、ガンツォ、ジョーエリーゼ、イグニス。

ガンツォはネイキッドウォリアーで主人公に殺される展開とそうでない展開の両方があるので、いずれにせよチェイサーの時点では既に死んでいることにしました。根っからの悪人で、敵も多いですからね。

主人公の幼なじみのロビンだけは、なかなかタイミングが悪くて登場させられませんでした。残念でしたが、まあこの人は冒険者ではありませんしね。

また、サバイバーのラスボスであるデイモスも、公式には行方不明、展開によっては主人公によって殺されています。無理に出場させるのは止めておきました。サバイバーではアスタロスに支配されていて、本来のキャラもはっきりしないわけですし。

 

前2作で主人公はそれなりの活躍を遂げているはずなので、今回は宮廷魔術師サー・デレクじきじきの依頼ということにしました。ミザール公は名前のみの登場です。

サー・デレクによるミッションなのに、仲間が誰もいないというのはおかしな話です。緊急の任務で、表向きは動けないということにしました。それにしても、裏で雇う冒険者が主人公一人ということはないでしょう。そこで、かつての敵であるジョーとイグニスに再登場願うことになりました。

 

こんな感じで、本作は、まず最低限のコンセプトを決め、そのコンセプトに合致するようなストーリーと設定を後付けで考えていくという手法を使って制作しています。

ストーリー部分にはあまり思い入れがないので、ちょっとインパクトが弱くなってしまうのが欠点ですね。その分、展開は論理的で、各シーンにそれなりの必然性を持たせるように配慮しています。