ちゃなのゲームブック

ゲームブック作家「ちゃな」のブログです。Amazonキンドルで「デレクの選んだ魔法」等販売中!

技法

「デレクの選んだ魔法」公式トリビア集

どうも、ちゃなです。 ちゃなの新作ゲームブック「デレクの選んだ魔法」お楽しみいただけていますでしょうか?販促エントリもこれで多分最終回です。 デレクの選んだ魔法 (ちゃなのゲームブック) 作者: ちゃな 出版社/メーカー: ちゃな 発売日: 2017/10/13 …

制作したゲームブックをキンドルで読めるようにする方法

どうも、ちゃなです。 ゲームブック作家を始めて1年強。これまで短編3本、長編1本をキンドル個人出版しています。 デレクの選んだ魔法 (ちゃなのゲームブック) 作者: ちゃな 出版社/メーカー: ちゃな 発売日: 2017/10/13 メディア: Kindle版 この商品を含む…

フラグワードシステムについて

どうも、ちゃなです。 「フラグワードシステム」この言葉を聞いたことがある方、有り難うございます!だって、私が作った用語ですから。 (以下、「デレクの選んだ魔法」ほか、拙著の内容がちょこっとだけ出てきます) フラグワードシステムは、「ネイキッドサ…

「デレクの選んだ魔法」制作裏話 その5 テーマとギミック

どうも、ちゃなです。新作ゲームブック「デレクの選んだ魔法」の舞台裏を解説するコーナーもいよいよ最終回。今回は作品の底に流れるテーマについて解説します。 (ネタバレはありません。) デレクの選んだ魔法 (ちゃなのゲームブック) 作者: ちゃな 出版社…

The GameBook Authoring Toolの使い心地

どうも、ちゃなです。 私はゲームブック執筆にはThe GameBook Authoring Tool (GBAT)を用いています。 www.crumblyheadgames.co.uk これは、ゲームブック作成に特化したテキストエディタのようなもので、非常にシンプルで使い勝手が良いのが特長です。 使い…

「Domino ナゾトキブック」レビュー

どうも、ちゃなです。 幻想迷宮書店さんから期待の新刊、「Domino ナゾトキブック」が発売されました! Domino ナゾトキブック (幻想迷宮ゲームブック) 作者: ニチョ謎制作チーム 出版社/メーカー: 幻想迷宮書店 発売日: 2017/06/21 メディア: Kindle…

ゲームブックにおけるマルチエンディング

どうも、ちゃなです。 (今回は紹介作品の重大なネタバレを含みますのでご注意ください) マルチエンディングというのは、文字通り物語の終わり方が複数あるゲームシステムのことを言います。 多くのソロゲームでは、作者とプレーヤーの知恵比べ的な要素があっ…

ゲームブックにおける主人公の設定

ゲームブックは、基本的に「二人称小説」です。 読者が主人公なので、地の文では、「君は……」という表現が始終出てきます。 作風によっては「君」ではなく「あなた」だったりします。英語ではほぼ100%、"you"ですね。 さて、この主人公にどんな人格を与える…

ゲームブックにおけるデッドエンドについて

どうも、ちゃなです。 ゲームブックというのは、読者が主人公になって、自分で次の行動を決めながら読み進めていく物語です。 当然、選択を間違えて意に沿わない結果に終わることもあります。 そのとき、あなただったらどうしますか? 私は、こっそり前のパ…

単方向と双方向

どうも、ちゃなです。 今回は、ゲームブックの単方向と双方向について解説します。 ゲームブックには、大きく分けて、単方向作品と双方向作品があります。 この用語は、ある程度ゲームブックをやり慣れた人なら誰でも知っていることなのですが、あまり経験の…

ネイキッドサバイバー制作裏話 その3

どうも、ちゃなです。 ネイキッドサバイバー制作の舞台裏、その3です。 ネイキッドサバイバー (ちゃなのゲームブック) 作者: ちゃな 出版社/メーカー: ちゃな 発売日: 2016/11/18 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 今作は前作ネイキッドウォリ…

ネイキッドサバイバー制作裏話 その2

どうも、ちゃなです。 ネイキッドサバイバー制作裏話、前回の続きです。 ネイキッドサバイバーは、100パラグラフの双方向作品です。 前作が単方向だったので、今度は双方向にしようというのは、最初から決めていました。 ネイキッドサバイバー (ちゃなのゲー…

エロいゲームブック

どうも、ちゃなです。 今回は、ゲームブックにおけるエロスについてです。 拙作ネイキッドシリーズはいずれも主人公が丸裸で始まるというアレな設定なわけですが、そもそも文化とエロは切っても切れない関係にあると言えます。インターネットがここまで隆盛…

ゲームブックの難易度について

どうも、ちゃなです。 今回のテーマは、ゲームブックの難易度についての考え方です。 ほとんどのゲームブックはエンディングのパラグラフまでたどり着くのが目的ですから、なかなかエンディングにたどり着けないゲームブックは難しいゲームブックということ…

パラグラフジャンプとは

どうも、ちゃなです。 ゲームブックに用いられる技法の一つに、「パラグラフジャンプ」というものがあります。 今回はこの技法について紹介します。 パラグラフジャンプとは、「特定の条件下で発動する、本文に指示されていないパラグラフへの転移」のことを…